ご利用上の注意

「とよたiマップ(豊田市地図情報サービス)」は、地図や画像を利用して豊田市における行政情報や地域情報を、インターネットを通じて住民の皆様にわかりやすく公開・提供するサイトです。利用に際しましては、以下の利用条件に同意の上お進みください。


【ご利用の条件 全地図共通】
  • 視覚障がい者への対応がされていないページがあります。
  • 豊田市は、本サービスの内容の一部又は全部を予告無く変更することがあります。
  • 豊田市は、本システムの利用によって発生する直接又は間接の損失、損害等について、一切の責任を負いません。また、本システムが利用者の特定の目的等に使用されても有用であることを保証しません。
  • 豊田市は、データの完全なる正確性、および全ての利用者のコンピュータ上で正常に動作することを保証するものではありません。また、これにより損害が生じた場合においても一切その責は負いません。
  • 本サービスのご使用は、利用者が著作権法に定める個人的な目的に利用する範囲内に限らせていただきます。また、あらゆる商業的目的・および営利目的ではご使用になれません。
  • 本システムで表示される画像は参考図であり、都市計画や下水道供用開始区域、その他各主題の内容を証明するものではありません。また、権利及び義務に関わる事項の資料とすることはできません。重要な事項の情報は、必ず豊田市の当該課にご確認下さい。
  • 本サービスは豊田市より委託を請けた民間業者が運用しております。
  • 著作権法上認められた行為(個人利用など)を除き、掲載されている内容を無断で複製・転用することを禁じます。

【動作環境について】
  • 使用するブラウザは、Microsoft Internet Explorer 11.0 以降を推奨します。それ以外のブラウザでも表示できますが、一部の機能が制限される場合があります。

【背景地図について】
  • 背景に表示している地形図は、平成25年に作成したもので、地域によっては経年変化により、現状と相違している部分があります。
  • 案内図については、株式会社パスコおよび株式会社インクリメントPが著作権を保有しております。
  • 航空写真画像は平成27年11月~平成27年12月に撮影したものです。場所によっては、高層建築物等のひずみ及び画像補正処理の際に発生した歪みがあります。

【防災マップ全般の注意事項】
  • 防災マップは、地図の精度上誤差を含んでいます。表示されたベースマップ及び各空間コンテンツは、土地や建物等の所有権や境界を示すものではありません。また、表示の有無、表示位置、範囲、形状について、現況との差異があることをあらかじめ理解した上で使用してください。
  • 防災マップは、提供データの完全なる正確性、確実性を保証したものでないため、内容を証明するものや申請その他の資料として用いることはできません。豊田市は、本システムの利用によって発生した直接又は間接の損失、損害等について、一切の責任を負いません。
  • 防災マップの内容は、機能の改良や社会環境の変化等に伴い、予告なく変更する場合があります。
  • 【震度分布図】【液状化危険度分布図】【建物全壊・焼失率】のレイヤについては平成27年3月に取りまとめた「豊田市地震被害予測調査結果報告書」に基づいて作成しています。
  • 「豊田市地震被害予測調査結果報告書」では、国の中央防災会議及び愛知県で検討された「過去地震最大モデル」と「理論上最大想定モデル」という南海トラフで発生することが予想される2つのモデルを用いて、地震による震度や被害を想定しました。
    ・過去地震最大モデル・・・南海トラフで約100~150年の間隔で繰り返し発生している地震のうち、発生したことが明らかで規模が大きい5つの地震(宝永、安政東海、安政南海、昭和東南海、昭和南海)を重ねたモデルです。
    ・理論上最大想定モデル・・・南海トラフで発生する恐れのなる地震のうち、あらゆる可能性を考慮した最大クラスの地震を想定したモデルです。千年に一度あるいはそれよりもっと発生頻度が低いものです。
  • 豊田市地震被害予測調査結果では、国の中央防災会議及び愛知県の手法に基づいて算出したものであり、一定の条件のもとに豊田市の被害等について想定したものであるため、実際に発生する地震の規模、揺れなどの発生状況は必ずしも想定どおりになるとはかぎらないものとなります。
  • 「過去地震最大モデル」と「理論上最大想定モデル」は、想定する震源が異なることにより、地区によって想定震度が異なることもあるため、大きい方の震度を参考に地震への備えを進めていただきますようお願いします。

<各レイヤの説明について>
【避難場所:防災対策課 0565-34-6750】
  • 緊急避難場所・・・切迫した災害の危険から命を守るために避難する場所
  • 避難所…災害発生後、施設の安全が確認された後に被災者が生活する場所
  • 広域避難地…住宅密集地などで大火災が発生した場合、火災が収まるまでの間、一時的に避難する場所

【災害応急給水拠点:上下水道局総務課 0565-34-6653】
  • 大規模災害時など被災状況により水道施設が破損し各家庭に水道水が供給できない場合には、応急給水活動として水道施設(配水池)に設置した災害拠点給水施設13箇所、県水応急給水支援設備(学校等避難場所に設置)10箇所から水道水の供給と給水車による応急給水が行えます。

【浸水箇所東海豪雨:防災対策課 0565-34-6750】
  • 平成12年9月に発生した大雨により、実際に浸水した区域

【土砂災害情報:土木管理課 0565-34-6644】
  • 土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域は、土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)に基づき愛知県知事が指定した区域です。
    ・土砂災害警戒区域…土砂災害のおそれのある区域です。
    ・土砂災害特別警戒区域…土砂災害警戒区域の中でも住宅などが損壊し、住民の生命または身体に著しい危害が生じるおそれのある区域です。
  • 土石流危険渓流による危険区域とは、土石流発生の危険性があり、1戸以上の人家又は公共施設等に被害を及ぼす恐れがある渓流による危険区域です。
  • 急傾斜地崩壊危険箇所とは、傾斜度30度以上、高さ5m以上で、1戸以上の人家又は公共施設等に被害を及ぼす恐れがある急傾斜地です。
  • 地すべり危険箇所とは、地すべり発生、拡大の危険性があり、河川、人家、農地、公共施設等に被害を及ぼす恐れがある急傾斜地です。
  • 警戒区域等は平成28年11月15日現在の内容です。
  • 事後の基礎調査によって警戒区域等の数及び範囲に変更が生じる場合があります。

【震度分布図:防災対策課 0565-34-6750】
  • 「豊田市地震被害予測調査結果報告書」に基づく、過去地震最大モデルと理論上最大想定モデルにおける計測震度の震度分布図

【液状化危険度分布図:防災対策課 0565-34-6750】
  • 「豊田市地震被害予測調査結果報告書」に基づく、過去地震最大モデルと理論上最大想定モデルにおける液状化危険度の分布図

【建物全壊・焼失率:防災対策課 0565-34-6750】
  • 「豊田市地震被害予測調査結果報告書」に基づく、過去地震最大モデルと理論上最大想定モデルにおける建物被害(全壊・焼失率)
  • 被害が最も大きいと想定される冬夕方発災を想定

【浸水想定区域:防災対策課 0565-34-6750 河川課0565-34-6672】
  • 対象河川及び浸水予想に使用した雨の条件
    ・矢作川:150年に1回程度発生する確率の大雨
    ・逢妻男川:100年に1回程度発生する確率の大雨
    ・逢妻女川:100年に1回程度発生する確率の大雨
    ・安永川:50年に1回程度発生する確率の大雨
    ・家下川:50年に1回程度発生する確率の大雨
    ・伊保川:50年に1回程度発生する確率の大雨
    ・籠川:50年に1回程度発生する確率の大雨
    ・猿渡川:100年に1回程度発生する確率の大雨
    ・巴川:50年に1回程度発生する確率の大雨
  • 浸水想定区域については、国土交通省と愛知県の計算結果に基づいて平成16年3月に作成した、豊田市洪水ハザードマップを基に作成したものです。
    《注意事項》
    ①浸水想定区域は、2万分の1の縮尺で作成した豊田市洪水ハザードマップを基に作成しており、拡大してご覧になる際は、ハザードマップの浸水深と誤差が生じる可能性がありますのでご承知おきください。
    ②一定の降雨の状況を想定した計算により算出したものなので、実際の降雨では表示した浸水深さと異なる場合があります。
    ③色がついていない場所は、計算では浸水しないと想定されている場所です。しかし、雨の降り方によっては、このマップに浸水が示していない場所でも浸水する可能性がありますのでご注意してください。
    ④浸水想定区域は、平成16年以前の現地地盤等により算出しています。その後の土地利用の変化については対応していないためご注意ください。