大谷地の森公園 <近隣公園>
周辺地図
一覧へ戻る
紹介 公園の約半分を占めるコナラの林は、日本国内における北限の群落として北海道の学術自然保護地区に指定されています。コナラは詩人の谷川俊太郎を魅了し、氏は「私は、冬のコナラ林が好きだ 雪の斜面にしなやかに立つ垂直性」と詩っています。
公園内には、コナラ林の中を巡る散策路や休憩広場のほか、コンビネーション遊具が設置されています。
所在 厚別区大谷地西2丁目
告示年月日 1990.3.31
面積 32920平方メートル
自然の姿 大谷地学術自然保護地区
この地区は、北限地帯のコナラの樹林地で、面積は約1.8ヘクタールです。
コナラはブナ科の広葉樹で、本州では一般的な樹種ですが、北海道のこの附近が生育の北限になっています。
なかでもこの林は、コナラの純林として学術的に貴重であり、市街地の緑地としても市民に親しまれている大切な樹林地です。
野球場(無料) 1面 少年野球用(多目的にご利用いただけます。)
遊具設備 コンビネーション遊具
その他の施設 トイレ(1箇所),車椅子用水飲台,あずまや(シェルター),
駐輪場2
問い合わせ先 厚別区土木部維持管理課(土木センター内)
電話 011-897-3800
写真 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 見取図 1
   

Copyright(C)2004 札幌市建設局みどりの推進部みどりの推進課 All Rights Reserved