ひのまる公園 <地区公園>
周辺地図
一覧へ戻る
紹介 東区でも北部に位置する公園で,明治時代,日の丸農場の区域内であったことからこの名前がつけられ,ヤチダモやハルニレ,ミズナラなどの林をそのまま残した緑豊な公園となっています。園内には散策路がめぐらされ緑の中の散歩や,林の中にのびる遊水路では水遊びを楽しむことができます。また少年野球広場やテニスコートなどの施設もあり,スポーツに汗を流すこともできます。
所在 東区北41条東10丁目
アクセス 地下鉄東豊線「栄町駅」から徒歩12分
地下鉄南北線「麻生駅」から中央バス東16丁目線[麻25]又は丘珠線[麻26]乗車,「北42条東10丁目」下車,徒歩1分
告示年月日 1974.3.13
面積 31869平方メートル
自然の姿 ひのまる農場時代のヤチダモやハルニレ、サクラ、イダヤカエデ、クリなど25種類以上、約1400本が保全されています。
水遊び 遊水路を設けています。
像・彫刻 日の丸農場跡記念碑
ふるさと文化百選 日の丸農場跡 明治時代、日の丸商店の松本菊次郎が北海中学の創始者浅羽靖から浅羽農場を買い受け、日の丸農場と呼ばれるようになりました。農場は近代的なアメリカ農法を取り入れ、エン麦などを作っていました。
野球場(無料) 1面 少年野球用(多目的にご利用いただけます。)
スポーツ施設 テニスコート(無料)
遊具設備 ブランコ,砂場,鉄棒,シーソー,ジャングルジム,コンビネーション遊具,スプリング遊具
その他の施設 トイレ(1箇所),身障者対応トイレ(1箇所),水飲み台,車椅子用水飲台,遊水路,あずまや(シェルター),パーゴラ(つる棚),
愛の鐘
問い合わせ先 東区土木部維持管理課(土木センター内)
電話 011-781-3521
特記事項 広域避難場所
写真 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 見取図 1
   

Copyright(C)2004 札幌市建設局みどりの推進部みどりの推進課 All Rights Reserved