天神山緑地 <都市緑地>
周辺地図
一覧へ戻る
紹介 標高85mの天神山にあり、隣接地には相馬神社が奉られています。頂上付近にある展望テラスからは、藻岩山や札幌市街を眺望することができます。園内には、日本庭園、ウメ、平岸開基120年を記念して植えられたヤエザクラなどがあり、毎年春頃にはウメやサクラの花が咲き誇り、多くの方がお花見に公園を訪れます。遊具広場には、幼児向けの小型ブランコや砂場、小学生向けの複合遊具などがあります。また、平岸一帯はリンゴの栽培で栄えたことから、これを記念した「平岸林檎園記念歌碑」が建立されています。
所在 豊平区平岸1条18丁目,2条16〜17丁目
アクセス 地下鉄南北線「南平岸駅」又は「澄川駅」から徒歩15分
告示年月日 1990.3.31
面積 64178平方メートル
駐車場 25台
※ 冬期間除雪いたしません。
展望 こんもりとした丘の上の展望広場からは芝生の斜面が広がり、くつろぎながら市の中心部を望むことができます。
文学碑 札幌平岸林檎園記念歌碑:石川啄木の「石狩の都の外の君が家林檎の花の散りてやあらむ」という歌が刻まれています。この歌は啄木が函館・代用教員時代に知り合った橘智恵子について詠んだもので、当時札幌郊外で果樹園を経営していた智恵子の実家(現・東区)の風景が歌われています。平岸地域の林檎園と啄木には直接の関わりはありませんが、かつて有名であった平岸リンゴを記念するため、この碑が建てられました。
久保栄文学碑「林檎園日記」:平岸街道公園入口付近に碑があります。久保栄は劇作家として「火山灰地」「五稜郭」などを著しました。
芸術文化・歴史施設 本願寺道路終点の碑
ふるさと文化百選 平岸リンゴ園跡(平岸林檎園記念歌碑)
ゲートボール場 自由広場内
遊具設備 すべり台,砂場,コンビネーション遊具
その他の施設 トイレ(2箇所),車椅子用水飲台,あずまや(シェルター),
展望テラス
樹木・草花 ウメ,サクラ
問い合わせ先 豊平区土木部維持管理課(土木センター内)
電話 011-851-1681
お知らせ ・地下鉄南北線南平岸駅または澄川駅からそれぞれ徒歩約15分。
・平成26年5月31日より「さっぽろ天神山アートスタジオ」がオープンしました。
(お問い合わせ先 札幌市観光文化局文化部市民文化課 電話011-211-2314)
写真 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 見取図 1
   

Copyright(C)2004 札幌市建設局みどりの推進部みどりの推進課 All Rights Reserved