中島公園 <総合公園>
周辺地図
一覧へ戻る
紹介 札幌市のほぼ中心部に位置しながらも、緑と水が豊かな憩いの場として親しまれている総合公園です。
園内は、スポーツ施設や文化財、音楽ホールなどのさまざまな施設を有し、スポーツや園芸市などの各種大会やイベントの開催場にもなっています。また、園内には鴨々川が流れ、鴨などの野鳥や鯉がおります。冬は歩くスキーが楽しめ、身近に自然と触れ合うことが出来る場所として老若男女を問わず年間を通して愛されています。
所在 中央区中島公園、南14条西5丁目、南15条西4丁目
アクセス 地下鉄南北線「中島公園駅」又は「幌平橋駅」下車、徒歩0分
告示年月日 1957.3.23
面積 236295平方メートル
駐車場 中島体育センター(50台)
テニスコート(10台)
北海道立文学館(5台)
※各施設利用時以外は使用不可
水景 鴨々川、菖蒲池:池に架かる橋や取り囲む散策路から鯉や水鳥の姿を楽しめます。貸しボートもあります。
乗り物が楽しめる 緑に囲まれたボート池は都会のオアシス。休日ともなると家族連れや若者でにぎわっています。4月中旬〜10月中旬 午前9時〜午後5時 600円/40分(大人3人まで)
水遊び 鴨々川水遊び場
像・彫刻 森の歌/ヨットと方向/のびゆく子等/四翁表功碑/手水鉢/木下成太郎像/鶴の舞/笛を吹く少女/母と子の像/猫とハーモニカ/日時計/相響/風景の夢/レナード・バーンスタイン像
芸術文化・歴史施設 ○札幌コンサートホールKitara:1997年に開館した、北海道初の音楽専用ホールです。優れた音響と壮厳なパイプオルガンの調べで、日本を代表するコンサートホールのひとつと評価を受けています。 お問い合わせ先 011-520-2000
○北海道立文学館:常設展示には北海道の文学の歴史や資料が展示され,特別展も開催します。また文学にかかわる講演会や講座,子供向けの事業も行います。 お問い合わせ先 011-511-7655又は511-8088
文化財 ○豊平館(国指定重要文化財):開拓使が洋造ホテルとして明治13年建てたもの。建物は米国風様式ですが、手すりやバルコニーなどは欧風様式、シャンデリアの天井円形飾りは和風のレリーフなどさまざまな様式が入り混じっています。調度品には 欧州からの輸入品もあります。お問い合わせ先 011-211-1951 午前8時30分〜午後5時 年末年始休み 中学生以下無料
○八窓庵(国指定重要文化財):大名茶人小堀遠州が建てたと伝えられる茶室で、連子窓3、下地窓4、突上窓1の合計8つの窓があることからこの名がつけられました。身近な材を使った清淡風雅な意匠の茶室です。お問い合わせ先 011-211-2312(札幌市文化財課) 4月下旬〜11月上旬 午前9時〜午後5時 無料
催事 5月:園芸市 6月:北海道神宮祭 12月:歳の市 4月〜10月:フリーマーケット
硬式テニスコート(有料) 中島公園庭球場 クレーコート6面
問い合わせ先:札幌テニス協会 電話011-531-5163
歩くスキー 歩くスキー無料貸し出し所(札幌市中島体育センター内)
利用期間:12月下旬〜3月下旬(月曜日休)
問い合わせ先:電話011-530-5906
遊具設備 ブランコ,すべり台,シーソー,コンビネーション遊具
その他の施設 トイレ(7箇所),身障者対応トイレ(6箇所),水飲み台,車椅子用水飲台,遊水路,時計塔,あずまや(シェルター),パーゴラ(つる棚),池,管理事務所
樹木・草花 アジサイ,サクラ,バラ
問い合わせ先 中島公園管理事務所
電話 011-511-3924
関連URL (公財)札幌市公園緑化協会・中島公園コンソーシアム 公式ホームページ
札幌コンサートホールKitara 公式ホームページ
北海道立文学館 公式ホームページ
特記事項 広域避難場所
メモ 札幌市天文台(札幌市青少年科学館):http://www.ssc.slp.or.jp/index.htm
札幌市中島体育センター:http://www.city.sapporo.jp/sports/facility/gym/naka_gym.htm
中島児童会館:(電話)011-511-3397
お知らせ 日本庭園には重要文化財八窓庵があります。
写真 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 見取図 1
   

Copyright(C)2004 札幌市建設局みどりの推進部みどりの推進課 All Rights Reserved